どうしたら脇汗が出なくなるか、清潔な状態を維持できるか?

どうしたら脇汗が出なくなるか、清潔な状態を維持できるか?

汗を大量にかく人や、多少の臭いを伴っている人にとって、どうしたら脇汗が出なくなるか、清潔な状態を維持できるか?是非とも知りたいと思うことでしょう。

 

もちろん、汗そのものは決して悪いものではありません。体温を調節したり、身体にこもった熱を放出したりするという点で、大事な役割を果たしていると言うことができます。しかし、人前で大量に脇汗をかいたのでは、やはり不快な感じを与えてしまうものです。それで、是非とも正しい方法で、汗が出ないようにすることができるでしょう。

 

しみができないオールインワンゲル

 

脇汗が出ないようにする一つの方法は、リンパ節を冷やすことです。上述しましたように、一般に汗をかくのは体温調節のためです。それで、太い血管が集中している部分、つまりリンパ節を冷やしてあげることによって全身の熱を下げることができるようになります。具体的に言って、冷やすとよい部分とは、脇の下はもちろん、ほかにも首の両脇や股関節の部分、さらには膝の裏側の部分などです。冷やすのに用いることができるものとしては、冷えている缶やペットボトル、さらには冷却ジェルシートなども効果的です。このようにリンパ節を冷やすことによって、脇汗が出なくなるようにすることができます。

 

 

 

さらに、脇汗をかかなくする別の方法は、ツボ押しです。例えば、私たちの手には汗を抑えるツボが幾つか存在しています。よく知られているツボは合谷と呼ばれる部分です。このツボは、親指と人差し指の骨が合わさる部分からやや人差し指寄りの部分に位置しています。こうしたツボを適度に押して刺激することによって、汗を抑えることができます。

 

また、ツボの中には胸の部分になるものや脇の部分にあるものもあります。この部分のツボを押したり圧迫したりするなら、汗を抑えることができるでしょう。

 

加えて、汗をかかなくする別の方法は、市販のハッカ油を上手に利用することです。もちろん、自分でハッカ油を作ることもできます。もちろん、ハッカ油を塗ったからと言って、実際に体温が下がるわけではありません。しかし、ハッカ油を塗ることによって、冷たいと感じる皮膚の信号を制激することができるため、脳に冷たいという信号を送ることになります。つまり、冷たいと錯覚させて発汗を抑えるということです。このハッカ油を使う際には注意が必要で、本当に暑さの厳しい時に使って脳に錯覚を起こさせてしまうと、発汗が抑えられて放熱できないため熱中症を引き起こしてしまうことがあると言われています。

 

脇汗が出ないようにするさらに別の方法には、ミョウバン水を使うというものがあります。水道水とミョウバンだけで作ることができる天然のミョウバン水には、汗を抑えるとともに、臭いを消す効果もあると言われています。クリアネオやミョウバン水を軽くスプレーすることによって、発汗を抑えることができるでしょう。