健康的な生活を手に入れる事が加齢臭の予防改善に繋がる

健康的な生活を手に入れる事が加齢臭の予防改善に繋がる

加齢臭は、40代を過ぎた頃から気になる体臭ですが、その原因は「ノネナール」と呼ばれる物質であるとされております。

 

 

このノネナールと呼ばれる物質は、脂肪酸と過酸化脂質と呼ばれる2つの物質が結びつく事によって生まれる物で、40代を過ぎると多く見られる症状と言えます。このノネナールを作り出す原因となる脂肪酸は、食習慣や生活習慣の悪化が主な原因であるとされますが、食習慣の悪化で肉食中心の食生活やアルコール等の大量摂取等を挙げる事が出来、これらが原因となり脂肪酸の分泌量の増加が考えられます。

 

 

一方、過酸化脂質は過度なストレス等によって体内に多くの過酸化酸素が発生する事で過酸化脂質が増えてしまうとされております。その為、ストレスを非常に多く感じる人の方が加齢臭が強く現れると言われております。そんな加齢臭を防ぐにはいくつかの方法が有りますのでご紹介します。先ずは食習慣の改善です。

 

 

特に脂肪酸の分泌を増加させてしまう肉類や揚げ物を始めとした脂肪分の多い食事を減らし、魚や野菜等を中心とした食習慣に改善する事で脂肪酸の分泌量を減らす事が出来ます。又、野菜でもビタミンCやビタミンE等の坑酸化作用のある栄養素を含む野菜を摂ると共に食物繊維を積極的に摂る様にしましょう。

 

 

又、アルコールの摂取量を減らす事も大切です。体内に摂り込まれたアルコールは糖質から脂質に変化してしまう為、脂肪酸の分泌量の増加に繋がってしまうのでお酒の飲み過ぎにも注意が必要です。次に日常的にストレスが多いと感じられている方は、ストレスを溜め込まない工夫も大切です。特にストレスの解消には軽く汗をかく様な軽度な有酸素運動ががお薦めです。

 

 

これは、加齢臭の原因となる脂肪酸を燃焼させる事が出来る為で、軽めの有酸素運動を20分程続ける事でその効果を得る事が出来ます。これらの加齢臭を改善出来る対策は、生活習慣病を予防したり改善する事に繋がる方法が多く、健康的な生活を手に入れる事が加齢臭の予防改善に繋がる事が判ります。