全身脱毛が体臭に関係する理由とは?

全身脱毛が体臭に関係する理由とは?

毎日お風呂に入っているのに、少し運動をしただけで汗をかき体臭がきつくなってしまうという方は少なくありません。一般的に体臭の原因は汗ではなく、脇で雑菌が繁殖することで起こるといわれています。ただ、こまめに肌を清潔にしていても臭いが強いと感じる方は、わきがの症状がでているかもしれません。

 

特に汗腺が多いとされている脇や耳の後ろなどは、アポクリン汗腺と呼ばれる臭いの強い特殊な汗を分泌する汗腺が多い方程、わきがの症状が目立ちやすくなりますので、何か対策する方法はないかと悩んでいる方も少なくないのです。

 

そこで注目されているのが、全身脱毛を受ける方法です。全身脱毛というと肌に生えているうぶ毛やムダ毛をエステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設で、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を受けることでセルフ脱毛に比べて短時間でムダ毛の処理を行えるサービスになっています。

 

この脱毛が体臭に何故関係するかというと、嫌な臭いの原因の一つがムダ毛にあるからです。臭いの原因と言われている汗は元々無臭、無色ですが脇の下が汗で濡れると雑菌の活動が活発になり、増殖を繰り返しまし嫌な臭いになってしまうので、脇のお手入れをきちんと行っていないと脇に生えているムダ毛を通じて臭いの分散が行われてしまい体臭がきつくなってしまう恐れがあるのです。

 

そのためムダ毛を根元からしっかり抜いてしまう事で、臭いの分散を抑える、体臭を抑える効果を得ることが出来るメリットがありますので、汗をかきやすい夏の季節は特にムダ毛の処理を念入りに行う必要があるのです。より高い消臭効果を得たいのであれば、美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることが出来るレーザー脱毛による医療脱毛施術を行う事をおすすめします。

 

エステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設で使用されているフラッシュ脱毛とは異なり、医療機器であるレーザー脱毛器を利用している事で毛根に直接レーザー照射でダメージを与え、ムダ毛の元となる毛乳頭を破壊してしまうと通常脱毛した後は一定期間をおいてからムダ毛が再生しますが、医療脱毛を行った後は毛根を破壊してしまったので半永久的にムダ毛が生えてこない永久脱毛状態に仕上げることが出来るのです。

 

この永久脱毛を行うと脇の臭いが改善されることも医療機関で照明されている事から、脱毛を行う場合は医療脱毛に切り替える女性が増えてきていたり、最近では男性の施術利用者も増えてきている特徴があります。また脱毛後も汗のにおいが気になると感じる場合には、こまめに清潔にすることは勿論の事、デオドラント製品を見直す事も大切になります。

 

今までデオドラント製品といえばスプレータイプが主流でしたが、消臭や殺菌効果をしっかり与えるためにもスティックタイプやロールオンタイプなど直接肌に使用する事で、肌にデオドラント成分が密着することが出来るようになり、朝塗れば夕方まで臭いを抑えることが可能です。